楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go Toとコロナの両立 日本旅館協会・浜野浩二会長に聞く(3) 任期中に対コロナへ道筋

「感染防止は経営者も従業員もすべてが当事者」

−旅行という楽しみの一方で、医療の現場でコロナと向き合っている人たちがいます。医療従事者にはどのような気持ちをお持ちですか。

私は田舎に住んでいるのでよく分かりますが、コロナに対しては感染症専門の医療機関だけでなく、まちの開業医まで対応を迫れることがあるのを知っています。医療従事者の献身的努力には敬意と感謝の気持ちしかありません。我々としては安心安全な旅行を定着させ、地域の経済に寄与することで責任を果たしていきたいと思います。

−厳しい状況が続く中で、国にはどのような要望がありますか。

当協会のコロナ対策本部では2つのことを検討しています。1つは雇用調整助成金と融資です。雇用調整助成金の特例については12月まで延長されることはよかったと思います。ただ、需要の回復が見通せないなか、1月以降も来年のオリンピックまでは伸ばしてほしいと思っています。地域の雇用維持という点で、雇調金には本当に助けられています。

融資については、新型コロナウイルス感染症特別貸付をはじめとする制度融資はたいへんありがたかった。ただ、協会として、各事業者が融資を受けた後の現状を検証することが必要だと思っています。さらなる融資が必要なのか。その場合は融資を受けるハードルが高くなる不安があります。また、宿泊客が戻ってきたときに借入金が経営にどういう影響を与えるかを検証する必要があります。コロナ禍では相当多くの施設が体力に合わない借入をしている可能性があります。それらを検証した上で、借入金の処理についても考えていきたいと思います。

もう一つはインバウンドの再開です。訪日客については、諦めて黙っていると回復までに非常に長い時間がかかってしまいます。まず訪日旅行はどういう状況になれば再開できるかを明確にし、検疫体制の強化をはじめ受け入れ環境を整備することが必要です。我々も一翼を担う覚悟を持って取り組みたい。その上でインバウンド誘致の強力なセールスプロモーションをしていただきたい。

日本旅館協会・浜野浩二会長

日本旅館協会・浜野浩二会長

−最後に、コロナ渦中の会長就任となりました。どのようなお気持ちですか。

北海道胆振東部地震があった2018年、私は当協会の北海道支部連合会長でした。道や国に働きかけ「北海道ふっこう割」の実施に駆け回りました。そして今度はコロナです。実は昨年11月に「次期会長を」という話をいただいていました。その後、今年になってコロナウイルス感染症が世界的な大流行となり「大変だな」というのが率直な感想です。

協会としては、継続的な課題として生産性向上や雇用、IT化への対応といった課題が引き続きあります。コロナ以前から、業界には変革が必要でした。ただ、当面の活動は、大半がコロナ対策です。任期の2年では終わらないだろうと思いますが、できるだけ多く解決し、道筋を付け、次への負担が少ない状態でバトンを渡したいと思っています。

(トラベルニュースat 20年9月10日号)

(前の記事)Go Toとコロナの両立 日本旅館協会・浜野浩二会長に聞く(2) 宿泊旅行へ判断基準示す

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ