楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ウイズコロナの在り方

21/09/25

先日初めて、元世界2階級王者の井岡弘樹さんが経営するジム主催のボクシングを観戦してきた。テレビと違って生で見る迫力に圧倒されたが、それよりもコロナ禍のなかでボクシング興行を実施したことに対して関係者に敬意を表したい。

会場の入口で参加者は入場チケットに氏名と連絡先を書き込み、体温検査と手指消毒を行って会場入り。試合前には、選手と関係者全員が抗原検査で陰性であったことが会場にアナウンスされた。観戦時は「声を出して応援する人がいれば、その場で試合は中止となります」とも呼びかけられた。誰一人声をあげることなく、熱闘する選手には拍手でエールをおくった。声援のないリングは寂しげではあったものの、グローブの当たる音、選手の息づかいを間近に体感し、ウイズコロナの興行の在り方だと思うと頷ける。

我々の業界でも、行動制限緩和の方針が国から示されたことも受けて「ウイズコロナ時代の新しい旅のスタイル」「新型コロナウイルスワクチン接種済み(2回)参加者限定の旅」というタイトルで、旅行会社パンフレットを見かけるようになった。観光業界が沈んでいるなかでの前向きな姿勢には共感したい。できない理由を並べ立てるのではなく、できるために何をするのか。ボクシング興行とツアー催行を重ねた。

(トラベルニュースat 21年9月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ