楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

天災と危機管理 クラツー関西国内旅行Cの対応から(2) 台風21号・延泊、事後処理…判断に悩む

台風の事後処理も終わらないうちに…

一方、すでにツアー中の客の対応も池谷さんに課せられた重要事項だ。「日程通りにお帰りいただくことが第一です。鉄道が運休した場合はバスに振り替えます。添乗員からセンターには逐一連絡が入り、道路が閉鎖された、風雨が強いなど動くことが危険と判断した場合は延泊という措置をとります」。

ただ、この時がトラブルにつながりやすいのだという。「帰らせろ、というお客様もいますし、延泊の場合、お客様にも負担いただかなくてはなりません。添乗員が現場で安全を第一にした対応であること、道路状況や、大阪に到着後の公共交通機関の情報などを正確にお客様にお伝えすることが大事です」。

台風21号は大阪も直撃した。「時短社員やアルバイトのスタッフは帰宅、自宅待機とし、3日夕刻には『明日は無理して出社しなくていい』と伝えました。4日は普段の半数ぐらいが出社しました。その夜に新大阪に帰ってくるバスがあったので、私を含め10人のスタッフがそれを見届けて、運転再開したばかりの終電で帰宅しました」。

台風21号で同センターの売上数千万円が飛び、延泊や代替バスの手配などで数百万円の負担があったという。「2日や3日出発のツアーをそのまま催行した判断はどうだったのかと今も悩みますね」と池谷さん。

台風の事後処理も終わらぬ6日早朝、就寝していた池谷さんは社内メールにたたき起こされた。

台風21号の事後処理もようやく落ち着き始めたと思った矢先だった。9月6日午前3時半過ぎ、クラブツーリズム関西国内旅行センターの北海道担当チーフが同センターのグループラインに「地震発生!」と投稿。最大震度7の北海道胆振東部地震発生を知らせた。

その直後から、北海道方面の担当者が現地添乗員と電話で連絡をとり、お客様の安否確認と現状の把握に努めた。

関西国内旅行センターで当日、北海道に送客していたツアー客は約140人。添乗員は引き続きツアー客の安全確保に奔走。朝5時までには全員の無事が確認された。

(次の記事)天災と危機管理 クラツー関西国内旅行Cの対応から(3) 北海道地震・ツアー客の帰阪対応に苦闘
(前の記事)天災と危機管理 クラツー関西国内旅行Cの対応から(1) 台風21号・「安全第一」ツアー中止対応に奔走

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ