楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

南紀12湯を旅行業が推進

20/02/10

和歌山県といえば白浜や勝浦、龍神、川湯など全国に名の知られた温泉地が多い。知名度では全国区でないにしても、県内各地には全国屈指の泉源を持つ温泉地が点在している。それだけ豊富な温泉地を持ちながら我々観光業界はもとより、一般観光客にとって“和歌山=温泉”という認識は薄いと言わざるを得ない。県庁に確認すると和歌山県のPRポスターの一部に温泉が出ることがあっても、公式な形で「和歌山の温泉」を前面に出したポスターやチラシは作成したことがなく、温泉地の所在する自治体や観光協会にお任せしているということだった。

協同組合和歌山県旅行業協会はもともと発地型の旅行商品を扱う中小旅行会社を会員としているが、和歌山県の温泉活性化のために「南紀12湯推進協議会」の事務局を引き受けた。2月5日、県内温泉地とネットワークを組んで和歌山の温泉をPRすることを目的とし、県内はもとより関西から日本全国、果ては海外まで和歌山県の温泉の素晴らしさを伝えようと有志が結集した。

具体的な取り組みついては3カ月に一度の運営委員会を開いて決めていくが、今秋までには何らかのアクションを起こす考えだ。市町村や観光協会、DMOなどとも連携していくという。地元の旅行業協会が旗振り役となる取り組みを応援したい。

(トラベルニュースat 20年2月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ