楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

天災と危機管理 クラツー関西国内旅行Cの対応から(3) 北海道地震・ツアー客の帰阪対応に苦闘

痛恨のキャンセルも現場は一丸

関西国内旅行センターの池谷中支店長は6時に出社、陣頭指揮にあたった。「朝の段階で7日までの北海道ツアーはすべてキャンセルが決まっていたので、北海道にいらっしゃる140人のお客様を無事に大阪までどうお帰りいただくかがポイントでした」。新千歳空港は閉鎖、迎え入れる関西国際空港は台風21号の影響で使えない。非常事態だった。

「北海道との路線は伊丹空港にもありますが、線が細くすべてのお客様に対応できるとは考えられません。そこで帯広、旭川方面へバスで向かっていただき、航空座席を押さえていきました」。ただ、その数は限られるうえ、中部国際空港(セントレア)着便や羽田空港の経由便などで数十人を対応するのが精一杯。

大半は、6日の帰阪を断念し延泊することになった。しかし、ここでも大きな問題が立ちふさがった。札幌市内の多くのホテルが停電などライフラインのダウンで「受け入れられない」と言ってきたのだった。

「そんな時、クラブツーリズムパートナーズ会の存在がありがたかったです。懇意にしているお宿さんが受け入れてくれ、延泊対応も何とかなりました」。最長2泊の延泊をした客もいたが、8日までには全員無事に帰着させた。

「結局6日から12日まで北海道ツアーはすべてキャンセルにしました。台風21号と北海道胆振東部地震で9月上旬から中旬にかけてほとんど営業できていません。今後は各関係機関と協力して、少しでも挽回できるようやっていくしかありませんね」。台風と地震というダブルパンチで、関西国内旅行センターの一体感は逆に強まった、と池谷さんは感じている。支店一丸で反転攻勢に打って出る。

台風21号では関西国際空港が閉鎖になった。次号では海外旅行ホールセラーの現場の声をリポートする。

(前の記事)天災と危機管理 クラツー関西国内旅行Cの対応から(2) 台風21号・延泊、事後処理…判断に悩む

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行兵庫但馬編

新年一発目のトラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部、但馬地方をクローズアップ。前号に続く冬...

北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ