楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

感染拡大予防を徹底 Go Toで旅行会社の役割、ANTA・有野専務理事に聞く(2) 新しい旅のエチケットを周知

旅への信頼を得る

―緊急事態宣言解除後の旅行の再開をどのように見ていますか。

多くの県で「Go Toトラベル事業」に先行して県内の宿泊施設への旅行の支援事業が実施されており、これまで家に籠っていた皆さんが地元の観光地への旅行を通じて地元の良さを再認識していただく良い機会になっています。各県の旅行業協会も事業に協力しています。これらの成果を引きついでGo Toによる旅行が感染防止によって安全に実施されることを期待しております。

―ウィズコロナで、安心・安全な観光に関心が高まっています。観光復興のプロセスはどのようなものでしょう。

5月14日に最初の業界別のガイドラインが策定され、感染症対策を踏まえて必要な改訂を行っています。7月17日には旅行団体、宿泊団体、観光団体の代表が赤羽国土交通大臣を訪ねて「GoToトラベル事業」ガイドラインの重要な内容を列記した「取組宣言」を提出しました。

7月22日から開始されたGo Toにおいて安心・安全な旅を実施していくことが、東京を早期にキャンペーンの対象に加えていただくことにつながると思います。「新しい旅のエチケット」の実行をお客様に周知して感染防止を徹底し、安全・安心な旅への信頼を得ていくことが大切であると思います。

(トラベルニュースat 20年7月25日号)

(次の記事)感染拡大予防を徹底 Go Toで旅行会社の役割、ANTA・有野専務理事に聞く(3) 全国5600社が元気に
(前の記事)感染拡大予防を徹底 Go Toで旅行会社の役割、ANTA・有野専務理事に聞く(1) ガイドラインの履行

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ