楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

若者、地方からの誘客強化 タイ国政府観光庁・東アジア局長に聞く(2)

20年の日本人客200万人に

日本は高齢化社会を迎えていますが、タイも近い将来高齢化社会に突入します。高齢のお客様への対応も考えていかなくてはいけませんが、今の高齢者は健康寿命を延ばし、アクティブな生活を送っている人が多い。そういった高齢者にはアクティブなスポーツを楽しめる観光素材をタイから提供し、タイに来ていただけるようなプロモーションを行いたいと思っています。

あわせて、若い世代へのアプローチも行っていきたいと考えています。今の若い人たちは、デジタルツールを有効に活用して旅行情報を集めるので、デジタルマーケティングへの取り組みが重要です。タイでは、SNSの利用が多くインフルエンサーの活用が欠かせませんが、各国によってSNSの利用方法が違うので、インフルエンサーをうまく使って各国にあわせた情報発信をしていかなければなりません。若い世代へはミュージックフェスティバルやアウトドア型のイベント、スポーツの大会といった誘客活動を行っていきたいですね。

日本からタイへ来られる観光客は例年7%増で推移しており、今年の年末までには180万人に達すると思いますが、2020年には200万人を達成したいと思っています。

日本からの観光客の半分以上は大都市圏からです。この状況を変えたくて日本の地方空港への路線を増やしたいと思っています。今年10月には仙台便が就航しましたし、広島便を飛ばす計画もあります。タイと日本の地方空港の路線を強化することで日本各地からタイへお越しいただき、タイの文化に触れていただければと思います。

タイ国政府観光庁

ツーリズムEXPOジャパンで
タイ国政府観光庁もブース出展

(前の記事)若者、地方からの誘客強化 タイ国政府観光庁・東アジア局長に聞く(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ