楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地元密着「近ツー関西」 近旅連関西大商談会で事業方針を説明(2)

個人旅行、団体旅行を底上げ

さらに、近ツー個人旅行の守本英雄執行役員関西営業本部長が個人旅行事業について方針を説明。「直営のリアル店舗を持っていることが強み」とし「近江商人の三方よしに、将来よしを加えた四方よしのレコメンド(お勧め)商品を拡販する」と話した。エリア密着の戦略として、域内の宿泊券の増売を数値目標を掲げて取り組むとした。

団体旅行事業については、近ツー関西営業本部の松本知販売部長が「教育旅行に強いと言われた近ツーを復活し、教旅ファーストでやっていく」。

企業法人団体やMICEについては19年のラグビーW杯、近ツーが公式パートナーを務める20年の東京オリ・パラ、21年の関西ワールドマスターズゲームズ、大阪で構想が進むIR、25年の大阪万博を一連の好機と捉え「プレゼンス力を上げる」と語った。

商談会は昨年からスタートしたもので、この場で商品企画が実現するなど「非常に実りのある会」(中会長)だったという。今年についても、中会長は「域内の旅行が大多数を占めており、横の連携につながる商談会にしよう」と呼びかけていた。

(前の記事)地元密着「近ツー関西」 近旅連関西大商談会で事業方針を説明(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ