楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

多摩・島しょに体験エンタメを 東京の幅広い魅力―大自然生かせ(2) グランピングやガストロノミー

このうち奥多摩町のグランピングでは、町が未利用町有地の提供や地元住民に対する説明会の開催などで協力した。

石山CEOは、「国立公園内で規制をクリアするのが大変だった」と振り返りながら、「3月に5つのテントをオープンさせる。奥多摩の自然の中でゆっくりした時間をすごしてほしい」と来訪を呼びかけた。

グランピングは、快適なテント設備やシェフの料理など、アウトドアの洗練した楽しみ方として人気が高まっている。まず5つのテントで開業。1テント3万5千円から15万円で利用できる。

奥多摩町の担当者は、「過疎化対策としても、いいモデルケースになった。長期の観光活性化につながるものと期待している」と話した。

TOKYOガストロノミーツーリズム事業では、調布市や府中市で島しょの食をアピールするイベントを行った。大島や新島などの定期航空路線がある調布飛行場は、島しょへの玄関口でもある。イベントにより島しょの食への関心が高まり、観光客誘致の道筋をつくることができた。

調布市の担当者も、「これまで食で特徴を出せずにいたが、島とタイアップすることで島食を前面に打ち出すアピールが可能になった」と前向きに評価した。

2月にオープンした、八丈島の星降るプレミアムデッキは透明テントで、冬でも寒さを凌いで星空を眺められる施設。1日1組限定で利用者を募集したところ反響も多く、施設では宿泊ができないこともあって、用地を提供した民間ホテルの宿泊問い合わせにもつながっている。

星降るプレミアムデッキ

八丈島の「星降るプレミアムデッキ」

小谷執行役員は「八丈島の星空という資源価値をどう見せ、どう楽しませるかを考えた。冬に暖かく、ゴージャスに星空を楽しんでほしい」。八丈島では星空デッキに加え、来島者や来島を予定している人に情報をラインで情報を提供する「島コンシェルジュ」も始動する。

(前の記事)多摩・島しょに体験エンタメを 東京の幅広い魅力―大自然生かせ(1) 東京都がモデルPJ報告会

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ