楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

人生100年の時代は「健康まちづくり」 JTBがセミナー、ヘルスツーリズムと交流人口を考える(1)

JTBは8月27日、健康と交流をテーマにしたヘルスケアセミナーを大阪市内で開き、超高齢化社会を見据えたまちづくりのあり方を自治体関係者に提案した。66人が出席した。

主催者を代表してあいさつしたJTBの宇田川雄彦常務執行役員関西広域代表は「ツーリズムの力で交流人口を増やす。人生100年の時代には健康まちづくりに他ならない。今年からヘルスケアブランドを立ち上げ、我々としても力を入れてやっていく」と話した。

JTBヘルスケアセミナー

ヘルスツーリズムへの意欲を語る
宇田川・JTB常務

JTBヘルスツーリズム研究所の高橋伸佳所長は「平成30年度はヘルスツーリズム元年」とし認証制度が始まったことを紹介。「健康を主軸にすると地域が変わるチャンス」「観光でもあり住民サービスでもあるのがヘルスケア」「健康価値を高めるまちづくり」など、健康を地域づくりに活用する視座を示した。

またヘルスツーリズムの事例として、山形県上山市のクアオルト健康ウォーキングや大分県竹田市のアトピー留学などを紹介。「健康に悩む東京の人を長期にわたってリハビリで受け入れるという考え方もある」などと話した。

加えて、まちづくりにおいて健康をコンテンツとして捉えるのではなく、コンテキスト(文脈)として価値を創造する提案。「来訪者との絆を高める文脈をつくることで、関係性が高まる持続可能な健康まちづくりになる」と説いた。

(次の記事)人生100年の時代は「健康まちづくり」 JTBがセミナー、ヘルスツーリズムと交流人口を考える(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ