楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

人生100年の時代は「健康まちづくり」 JTBがセミナー、ヘルスツーリズムと交流人口を考える(2)

次いで、同研究所の内田亜由美主任研究員は、自身が実践する京都府与謝野町と東京との二地域居住を紹介した。

「交流することで健康になっていくのを実感できる」と話し、高齢化が進む地域に思い切って飛び込むことで移住者が「祭りや共同作業の風習を維持する地域の守り人になる」とも話す。そうした交流人口よりもさらに地域に関わりを持つ関係人口を増やすことが、今後のまちづくりのカギになると示唆した。

内田さんは「都会の居住者を地域の『健康会員』として登録し、会員ビジネスを考えるのも一案」と話していた。

品質向上へ認証制度 ヘルスツーリズムを振興

ヘルスツーリズム認証制度は、地域のヘルスケアサービスの品質向上を目的に今年度から国の予算が付いた。

JTBヘルスツーリズム研究所は事務局を務めるNPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構が事務局を務め、日本規格協会や日本スポーツツーリズム推進機構とともに認証委員会を構成している。

認証制度は、プログラムを提供する法人格を持った事業体が申請でき、提供プログラム(ツーリズム)の安全への取り組み、行動変容への働きかけ、地域・情緒的価値への3点を審査する。

認証の有効期間は初回認証から3年間。更新後は2年間。認証取得後は体制維持の確認のため審査が行われる。

ヘルスケアセミナーで制度の概要を紹介した高橋所長は「年間30案件を審査する計画」と話した。

(前の記事)人生100年の時代は「健康まちづくり」 JTBがセミナー、ヘルスツーリズムと交流人口を考える(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行兵庫但馬編

新年一発目のトラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部、但馬地方をクローズアップ。前号に続く冬...

北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ