楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本船籍のカジュアルクルーズを 日本クルーズ&フェリー学会、神戸で18年度総会・講演会(2)

池田さんは「日本籍カジュアルクルーズ客船の実現に向けて」と題して問題提起。

世界ではクルーズ人口が2700万人に達し、経済波及効果もコンテナ船の20兆円に近づく14兆円に成長するクルーズ産業だが、日本籍の飛鳥Ⅱやにっぽん丸、ぱしふぃっくびいなす、ガンツウはいずれもクルーズ総人口の2%に過ぎないラグジュアリーマーケットをターゲットにしている。日本にカジュアルクルーズをもたらしたプリンセスクルーズの成功を受け、欧米船社が日本進出を目論んでおり、ボリュームゾーンのカジュアル船が外国籍船に占有されると、池田さんは危惧する。

池田さんがイメージする日本籍カジュアル船は5万トン級の客船。23年に1隻目、28年までに第2、第3船を建造するというもの。「1隻あたりの建造費は400億円で、旅行業界や海運業界など関連事業者によるファンド、乗船客からのクラウドファンディングで調達する」と具体的だ。

日本クルーズフェリー学会総会・講演会

急成長を見せる中国市場が
過渡期を迎えているという指摘もあった
講演会で

これに対し、大阪大学の赤井伸郎教授は「外国船社にも出資してもらう」「船内飲食を日本のレストランチェーンと組んでもいいのではないか」、梅田会長は「サービスの省力化、無人化を行い日本流クルーズにしてはどうか」などと話し、1泊あたり1万3千円からのカジュアルクルーズ実現を後押しした。

このあと、商船三井客船の山口直彦社長が今年相次いだ天災発生時の対応について、旅行業法に基づいた「にっぽん丸」の対応事例を紹介した。

(前の記事)日本船籍のカジュアルクルーズを 日本クルーズ&フェリー学会、神戸で18年度総会・講演会(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ