楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本船籍のカジュアルクルーズを 日本クルーズ&フェリー学会、神戸で18年度総会・講演会(1)

日本クルーズ&フェリー学会(植田直哉会長=大阪大学教授)は11月23日、神戸港の神戸海洋博物館ホールで2018年度総会・講演会を開いた。進境著しい中国市場の動向、カジュアルスタイルの日本船籍クルーズ客船の必要性などについて意見が交わされた。

ここ5年間でクルーズ人口が年間40―70%成長し、17年には240万人と急成長を遂げた中国のクルーズマーケット。その成長を支えたのは「三世代旅行」(石原洋・みなと総研クルーズ総合研究所副所長)だという。本紙コラム「新クルーズ学」でお馴染みの池田良穂さんも「カリブ海クルーズは50年前、退職者のためのレジャーだったが、それが夫婦になり家族へ、10年前から三世代になった。中国は最初から三世代で、三世代に対応できるコンテンツがクルーズには備わっている」と話す。

一方で、中国ではこれまで旅行会社などが貸し切って販売するチャータークルーズが主流だった。「チャーターなので集客のリスクが船会社になく、ロイヤルカリビアンやコスタクルーズなどが相次いで進出し急成長してきた。ただ、チャーターによる集客で価格競争が生じプロダクトの質の低下になっている。船会社側も危機感を持ち、自主販売へ動き始めた。中国市場はここ1、2年は痛みを伴うのではないか」と石原さん。

そうした中で、港湾整備のコンサルティングを行うニュージェックの西村壮介さんは「従来は上海、天津発のクルーズが主流で、日本にはその7割が来ていた。厦門や深センを母港にするクルーズが今後もどんどん増えてくる。そうすると5日間のクルーズでは沖縄が北限になる」とし、中国発クルーズの日本寄港の減少を危惧。フライ&クルーズなどにより、中国市場を取り込む策の構築を訴えた。

(次の記事)日本船籍のカジュアルクルーズを 日本クルーズ&フェリー学会、神戸で18年度総会・講演会(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ