楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

中学生に伝える観光業界 日観協が出前授業

日本観光振興協会は3月1日、東京の台東区立浅草中学校の3年生100人に観光教育出前授業を行った。2018年度に作成した小中学生向けの副教材「はじめて学ぶ観光副読本 観光でまちを元気に、日本・ふるさと再発見」を基に授業をしたほか、日本航空の客室乗務員、三﨑絵理子さんと、グランドプリンスホテル高輪のベル・ドアマン、高橋竜さんが、観光業界を選んだ理由や働き甲斐について話した。

同協会では観光産業の認知度向上を目的に17年度、観光教育専門部会を新設し小中学生向けの観光教材の製作に取り組んだ。観光読本は、児童・生徒だけでなく教員も意識して作られ、例えば冒頭では、国連の観光に対する基本理念「観光は平和へのパスポート」を紹介し、異文化間の相互理解の促進や平和の構築、維持に観光を学ぶことの重要性を指摘している。

初めての出前授業では、前半に玉川大学の寺本潔教授が観光読本に沿って観光の役割や観光産業の概要について紹介。また、三﨑さんは「観光業では多様な人が仕事をしています。例えばJALの客室乗務員のなかには保育士の資格を生かしながら乗務で活躍している人もいます。いろんなことに関心を持ち勉強してほしい」と話し、「いつか同じ業界で一緒に働ければいい」と呼びかけた。

観光教育出前授業

台東区立浅草中学校3年生の100人に出前授業

生徒からの「3年間勉強しましたが、英語が話せません。どうすれば上手になれますか」の質問について、高橋さんは「私もあまり得意ではありません。でも、現場の英語は繰り返しが多く、慣れていきます。現場が一番の学習法だと思います。皆さんが外国人に道を尋ねられて教えてあげるのも現場の1つです」と答えていた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ