楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

OATA、恒例の高知モニターツアー 旬な施設めぐり送客増を誓う(1) 梼原で“隈建築”に触れる

協同組合大阪府旅行業協会(OATA、鈴木隆利理事長)の会員25人が1月18―19日の2日間、公益財団法人高知県観光コンベンション協会の招きで、高知県西部の梼原町、東部の安芸市・北川村などへ“旬”な施設を視察するモニターツアーに参加した。

高知県では同協会が設定する助成金を使ったOATA会員の送客力を評価。2017年からOATA会員を招いたモニターツアーを実施しており、今回で5回目。前回同様、コロナ禍の中の視察とあって“密”を避け感染症対策を講じて行った。

視察の初日は、梼原町のくさぶき民家を移築した農家レストラン「くさぶき」で昼食をとったあと、町内に点在する建築家・隈研吾さんが手がけた建築物を見学した。隈研吾さんは新国立競技場の設計者であり、木造建築の第一人者として知られるが、梼原との関りは1987年から。

バブルが崩壊して仕事が激減した隈さんは、高知市の知人の依頼で梼原を訪問。木造芝居小屋「ゆすはら座」の保存運動に協力したことから梼原との交流が始まった。その後、1994年に雲の上のホテル(現在建て替え中)を皮切りに、2006年にパッチワークのように杉板を外壁に張った梼原総合庁舎、10年に雲の上のホテルにつながるやじろべえ型の刎橋(はねはし)、茅葺の外観が特徴のまちの駅梼原(マルシェ・ユスハラ)、18年に周辺の山並みを表現した外観と内部を森の中をイメージした雲の上の図書館を相次いで設計した。

梼原町の雲の上の図書館

隈研吾氏が手がけた
梼原町の雲の上の図書館内を見学

隈さん自身「梼原は最初に木と出合った場所。木の良さや気を大事に育てる哲学を学んだ」と語っており、隈建築の原点が梼原といってもいい場所だ。

梼原町はこれまで、幕末期の「龍馬脱藩の道」を前面にしたアピールが主だったが、新国立競技場の設計者として知られるようになったことから「隈研吾建築ガイドツアー」をスタート、人気は上々だという。

(次の記事)OATA、恒例の高知モニターツアー 旬な施設めぐり送客増を誓う(2) 安芸・北川・南国へ

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ