楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

50周年の節目に“原点回帰” 和歌山白浜・ホテルシーモアが施設一新(1) 「誰もが寛げる場所」に

和歌山県白浜温泉のホテルシーモアが「SHIRAHAMA KEY TERRACE ホテルシーモア」として3月22日にグランドオープン。1年かけて行ってきた耐震改修工事および施設リニューアルを終えたもので、今年迎えた創業50周年の節目の幕開けを飾った。

新生・シーモアは、創業時にも掲げていた「宿泊客だけでなく、地元の方々に気軽に利用してもらう場所にすること」と中田力也社長が話す“原点回帰”の施設づくりを目指した。

そのため、1階スペースを宿泊客でなくても自由に使えるようにしたのが特徴の一つ。玄関を入った正面にあるメインラウンジには座り心地のいいソファーを配置、全面ガラス張りの窓からは海を眺めることができるなど、居心地のいいスペースになっている。ラウンジの一角にはビジネススペースがあり、パソコンやプリンター、WiFiを完備。バケーションとワークを組み合わせた「ワーケーション」スペースとして活用可能だ。

ホテルシーモア

メインラウンジは寛ぎ空間や井戸端会議の場に

ホテルシーモア

ビジネススペースも設置

メインラウンジに面して屋外にある大足湯「インフィニティ足湯」は長さが30メートル。足湯に浸かりながら水盤の向こうに太平洋を一望できる。このほか、1階には毎朝焼きたてのパンを出すベーカリー、和洋食と多彩な惣菜を提供するビュッフェ形式のレストラン、バーベキューなどを楽しめるミカンテラスなども設けられている。

ホテルシーモア

太平洋を一望できる「インフィニティ足湯」

このうちミカンテラスは、コーヒーやパンを片手に海風を感じられるテラスだ。新鮮な魚介類を味わえる「いけす円座(わろうだ)」や白浜の海を遠望しながら握りたての寿司をつまむことができる「寿司 八咫(やた)」、静かで重量感のあるバー「KON」など飲食施設も充実させている。

ホテルシーモア

カフェ感覚で楽しめる「ミカンテラス」

さらに、円形のフロント横にはリゾートコスメや檜のアロマなど和歌山県内の特産品を中心にセレクトしたショップ「KUKULU」も併設した。

(次の記事)50周年の節目に“原点回帰” 和歌山白浜・ホテルシーモアが施設一新(2) 食・温泉・客室に充実図る

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行福井富山編

北陸特集後編は福井県と富山県にスポット。新幹線開業で沸いた富山に続き、2023年の敦賀延伸では...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行石川編

新幹線開業でもはや首都圏からも流れが確立された北陸。2023年には敦賀延伸も予定されており北陸...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ