楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

50周年の節目に“原点回帰” 和歌山白浜・ホテルシーモアが施設一新(2) 食・温泉・客室に充実図る

2階には大人から子どもまで遊べるスポットとしてプレイルームを新設。白浜初のゴルフシミュレーターや卓球、ボルダリング、ビリヤード、キッズエリアなど家族やグループで過ごせるスペースとなっている。

地下1階の大浴場は男女別で3階層になっており、深さ120センチの立ち湯や露天風呂など様々なタイプの温浴設備がそろう。10種類の中から好みのシャンプーを選べる「シャンプーバー」も備え、女性客から好評だ。入浴後のひとときに、ゆっくりと時間を過ごしてもらおうと設けたのが畳敷きの「うたたねるーむ」。専用マッサージルームではボディケアや高性能の酸素ルームを利用することもできる。

客室は80平方メートルのスイートが10室、35平方メートルのスタンダードが20室、50平方メートルのデラックスが55室、8―12畳の和室が42室、40平方メートルのモデレートが31室。これまでの163室から158室となったが、いずれの客室からも海をのぞむことができるようになった。

ホテルシーモア

海を眺めながらゆっくりと
過ごせるスイートルーム

「観光客や宿泊客はもちろん、地元の方々が寛げる場所にしたい。パブリックスペースで井戸端会議をしてもらってもいいし、商談に使ってもらってもいい。いろんな方々が集まる場所にしていきたい」と、宿としての方向性を話す中田社長。

ハード面でスタートラインに立った「SHIRAHAMA KEY TERRACEホテルシーモア」。中田社長が思い描く宿像を追いかけつつ、営業部隊が一丸となってこれから様々な企画を打ち出し、集客に注力していく考えだ。

(前の記事)50周年の節目に“原点回帰” 和歌山白浜・ホテルシーモアが施設一新(1) 「誰もが寛げる場所」に

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ