楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

中国最大OTAシートリップが日本で国際クレカ発行 旅行利用に価値提案

中国最大のオンライン旅行会社Ctrip(シートリップ)は、三井住友カードと提携し、UnionPay(ユニオンペイ、銀聯)ブランドの国際クレジットカード「Trip.comグローバルカード」を日本で発行する。5月15日、都内で3社が会見し発表した。

Trip.comはシートリップの中国国外での国際ブランド名で、中国外で提携クレジットカードを発行するのは初めて。6月6日から募集を開始する。

カードブランドのユニオンペイ(銀聯)は、中国で最も利用者の多いキャッシュカード・クレジットカードである銀聯カードの国際ブランド。07年には三井住友カードと提携し、中国外では初めてとなる三井住友銀聯カードを日本で発行している。今回のTrip.comカードについては、中国やアジアで認知度が高く利用可能店舗が多いユニオンペイ(銀聯)をクレジットカードブランドにした。

Trip.comには、カードを利用する際に、ホテルの割引予約などができる会員限定の特典を展開するほか、カード利用に応じて貯まるワールドプレゼントポイントでは、宿泊や航空券予約時に最大1万円の割引コードに転換することができる。

会見でシートリップ・インターナショナルのジェーン・スンCEOは、「今回の提携は3社によるグローバル化宣言です。グローバルな旅行商品の拡充で、日本の利用者向けに多くの旅行目的地を提供するほか、様々なユーザーサービスを行っていきます」と、カード会員獲得とTrip.comの日本人の利用促進に意欲を見せた。

また、銀聯国際のワン・リーシン副総裁は、「新カードで高品質な決済サービスと、旅行優待サービスを提供します。日本の半数以上のATMと、70万店で利用できます」と日本での利便性について話した。

三井住友カードの久保健社長は、「3社で新しい旅行価値を提案していきます。特にアジアで魅力的な旅行サービスを提供することで、まずは、出張の多いビジネスマンにメリットが大きいカードになる。旅行を楽しみにしながら普段使いをしてもらえるカードになってほしい」と期待を込めた。

Trip.comグローバルカード

ジェーンCEOを中央に3者がアピール

カード発行を記念し6月6日―12月31日のカード利用を対象に、利用料金1万円以上で1000円から5万円以上で5000円などのキャッシュバックキャンペーンを行う。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行福井富山編

北陸特集後編は福井県と富山県にスポット。新幹線開業で沸いた富山に続き、2023年の敦賀延伸では...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行石川編

新幹線開業でもはや首都圏からも流れが確立された北陸。2023年には敦賀延伸も予定されており北陸...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ