楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

タイの新しい55地域・都市 TTM+2019で世界へ発信(2) 商談会に世界51カ国・地域から参加も…

日本からは参加6社にとどまる

タイ国内から370のセラーと、世界51カ国・地域から338のバイヤーによる商談会は6月6日と7日の2日間行われた。
 
18年のタイへの国際観光客は中国、マレーシア、韓国、ラオス、インドがトップ5で、日本は6番目。かつて、長らくマレーシアに次いで訪タイ国2位を保っていた日本だが、この5年で台頭した中国には大きく水を開けられ、海外旅行意欲旺盛の韓国にも抜かされている。

こうした勢いを反映しTTM+2019への参加バイヤーも中国からは最多の65社が参加、インド23社、オーストラリア18社、ブラジル13 社、ロシア10などが続き、日本からは6社にとどまった。参加者に大手旅行業者の名前はなかった。

TTM+2019

商談会でメコンをPRしていた3人

国内のリアルエージェント大手からは近年、OTAとの差別化策として「原点に返って魅力ある旅行商品を提案」「ならではの旅行を提供する」などと掛け声が聞こえるが、現地の旅行博やエクスカーションは新たな観光素材を発見するチャンスではないだろうか。

なにより、取材していて、日本ブースが少ないのは寂しいのである。

(次の記事)タイの新しい55地域・都市 TTM+2019で世界へ発信(3) TAT東アジア局のティティポーン・マニーネート局長に聞く
(前の記事)タイの新しい55地域・都市 TTM+2019で世界へ発信(1) 「未知の目的地を冒険」

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ