楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

添乗員表彰や学生向け講座 会場ステージで催し/ツーリズムEXPO

ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西では、会場のインテックス大阪の中央部に設けられたステージで、業界日2日目に様々なプログラムが催された。大学生による海外卒業旅行企画や観光まちづくりのコンテスト、旅行業界研究講座(詳細は近号)など大学生向けのプログラムが開かれ、学生に業界の魅力を訴求した。

ツーリズムEXPOジャパン2019

旅行業界への就職をテーマに、
学生向けに行われた研究講座

そのなかで、ステージプログラム第1弾は、日本添乗サービス協会(三橋滋子会長)による「ツアーコンダクター・オブ・ザ・イヤー2019」の表彰式。昨年1年間で功績のあった添乗員を表彰するもので、添乗員の地位向上などを目的に創設されたもの。今年はグランプリの国土交通大臣賞にジャッツの菅谷眞弓さん、準グランプリの観光庁長官賞にツーリストエキスパーツの桝井康平さん、委員長賞にフォーラムジャパンの髙橋栄さん、会長賞にJTBの安田由佳さんが選ばれ、表彰された。

選考委員長を務めた吉村作治・早稲田大学名誉教授は「例年、事故対応などの側面を評価した受賞者が多かったが、今年は企画やおもてなしの優れた人が選ばれた」と講評。「ツアコンには大学教授のような知識一辺倒ではなく丁寧に知識をお客に伝えるすごみがある。業務は厳しいが『苦しみながら楽しんでいる』、これがツアコンの真骨頂だ」と業界へエールを送った。

続いて、三橋会長をモデレーターに、パネルディスカッションを開催。受賞各氏が現場の生の声で、よりよい旅作りや業務の魅力を語った。

各氏からは、「厳しい業務」と率直な声が相次いだが、それを上回る魅力があると熱弁。桝井さんは一度職を離れたものの「お客からのお礼や笑顔に救われた。旅行の世界に戻ってきて、今は楽しい日々を送っている」、高橋さんは「海外に足止めなどの苦境もあるが、お客に励まされた。若者も楽しい仕事と感じてやってほしい」。安田さんも「これまでに従事したツアーのファイルを見ると、お客約6千人の笑顔、思いがあふれている。こんな財産をもつ仕事はほかにはない」と、お客との関係性に魅力を感じられる点で各氏は一致していた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ