楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

神戸で一番おもしろい会社 伍魚福・山中勧社長に聞く(2) 地域貢献や観光事業も推進

コロナ禍もチャレンジで乗り越え

最近、そのプレゼンで生まれた商品に「クリームチーズ生ハム包み」がある。大手コンビニチェーンでも取り扱い、同社の冷蔵商品では売上第1位だ。「協力工場で味を極め、直営する梅田の阪神百貨店でも好評です」という。社員のアイデアから生まれたこの味は、他社では真似できないと自負する逸品だ。

さらに同社の特徴は、本社屋に隣接した研究所にもある。外観はお洒落気のない建物だが、一歩中に入ると伍魚福が誇る珍味、冷蔵商品がずらりと並ぶ。それぞれ社員が考えたPOPも掲示されており、売り場を再現した設えになっている。

「販売店に棚のレイアウトなどをご提案するために設けています。奥のカウンターは、珍味や酒の肴を食べながらお酒を嗜んでいただけます。うちの商品を食べながら一献傾ける商談の場です」と山中社長は笑う。

伍魚福

社内にあるカウンター

山中社長にはもう一つの顔もある。それは「いかなごくぎ煮振興協会」の事務局長。神戸界わいの特産でもあるイカナゴのくぎ煮は、今や地元のソウルフードでもあるが、実は一時廃れていた。「獲れすぎで肥料になっていて、漁師さんにとっても雑魚扱いでした。それを漁協の奥さまたちが売れる魚にしようと研究し、70年代後半からくぎ煮が市場に出回るようになったのです」。

本社屋がある長田の港がくぎ煮発祥の地であることから、山中社長は発祥の碑を建立したほか、くぎ煮コンテスト、くぎ煮文学賞など、地域を盛り上げる取り組みを次々に行っている。地域にとってのおもしろい会社も実践している。

「今春に商品開発担当者を倍増し、さらに『おもしろい会社』を目指そうという矢先、コロナ禍で弊社も影響を受けました。ただ家飲みが増えたせいか、7月からは前年を超える売り上げになってきました。心配なのは各地のお土産店やサービスエリアなどに卸している観光部門はまだ低迷していることです。当社に関わるすべての方々に喜んでいただくためチャレンジしていかなければならないと思っています」

(前の記事)神戸で一番おもしろい会社 伍魚福・山中勧社長に聞く(1) 珍味や酒の肴、商品開発は社員一丸

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ