楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】一般社団法人滋賀県旅行業協会 会長 加納義之 氏

皆様におかれましてはお健やかに新年をお迎えのことと存じます。昨年は、滋賀県旅行業協会に対し格別のご支援とご協力を賜り厚く御礼申しあげます。

我々の業界にとって、今回の長引くコロナ禍で受けたダメージは想像以上のものでした。今後しばらくはコロナと共存していかなければならないことになります。旅行業界も新たにウィズコロナの新しい年になるように思われます。緊急事態宣言が解除されて感染拡大を抑止しながら経済を回していく時代、そして日常を取り戻しながら感染拡大を防止する対策をとる。そんな新しい年になると思います。

新型コロナウイルスの影響で我々は未曽有の大打撃を受けながら、今日まで長きにわたり耐え忍び事業を継続してきたのです。今後の旅行形態も大きく変わっていくように思われます。コロナによって足元では旅行関連市場が縮小しているものの、経済の回復基調が鮮明になるにつれて、やがては再び拡大傾向になることを大いに期待したいと思います。

そして旅行特需は必ず来ると思います。実際「コロナが終わったとしたら」というアンケートでも、旅行というのは上位にランクインしています。特に旅行へ行くことを後押しするのが「GoToトラベル事業」だと考えます。しかしながら当分の間は、コロナのリスクと対峙しなければなりません。今後は、旅行形態なども変わり消費者のニーズも多様化してくるように思われます。我々はそれらに対応しながらウィズコロナの時代を見据え、あらゆるニーズに対応できるように準備が必要になると思います。

そして、旅行会社の価値が今一度何かということに気付かなければならないと思います。トラベルコンサルタントとしての知識や経験で旅行に付加価値を付け、また積極的に観光素材を探し、新しく旅行サービスを作っていかなければなりません。それは、我々中小の旅行会社しかできないことではないでしょうか。まさにウィズコロナの時代に向けての新しい営業のスタイルについて熟考を重ね、それに挑戦していくことではないでしょうか。この一年が業界にとって良い年に向かうことを願うばかりです。

今後とも当協会に対しましてご支援・ご協力を賜りますようお願い申しあげ、重ねて皆様にとりましても良い年になりますようご祈念いたします。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ