楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

周恩来元首相の詩碑に献花 日中国際文化交流協会、京都嵐山で功績称える

日中国交正常化に尽力した中国の周恩来元首相の詩碑が建つ京都・嵐山の亀山公園で5月20日、周元首相の「雨中嵐山」創詩100周年と詩碑建立40周年を記念した献花式が行われた。京都市の門川大作市長、中国駐大阪総領事館の李春領事ら日中の関係者約150人が日中交流の発展を祈り、詩碑に花を捧げた。

周元首相は1917年から2年間、日本に留学した。「雨中嵐山」は帰国直前の1919年、雨にけぶる嵐山に一筋の光を見い出した思いを詠んだものだ。周元首相は1976年の没後、本人の遺志により墓を建てなかったことから、79年に建立された詩碑は数少ない追悼の場所になっている。

献花式であいさつした門川市長は「日中両国の交流に大きな功績を残された周恩来氏の詩碑の前で、さらなる交流に決意を新たにしています。市民間の交流、とりわけ文化による交流が大切」と話した。

また、李領事は「周恩来氏の遺志を皆さんと未来へつなげたいと思います」と話した。

日中国際文化交流協会

「雨中嵐山」詩碑の前に並ぶ門川市長
(右から3人目)ら

献花式を主催した周恩来記念事業実行委員会(尾池和夫委員長=元京都大学総長)主要メンバーで、日中国際文化交流協会の佐藤れい代表理事は「中国人にとってこの詩碑は、周恩来元首相を偲ぶ貴重な場所です。日本を訪れた中国人観光客も数多くお参りされています。今後、国内外から寄付を募り、周恩来さんが愛した桜を植樹し、銅像も建てたいと考えています。日中交流のシンボルにしていきたい」と話していた。

記念事業はこのあと、京都市内のホテルで講演会、祝賀会が200人以上参加して行われた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ