楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

6次産業化の拠点開設 食品開発センター/幸南食糧特集

工場見学も受け入れ 日本唯一の最新機器も

幸南食糧では2020年4月、大阪府松原市のレトルト米飯製造工場に加工食品の製造拠点「食品開発センター」を新設し、9月から稼働を始める。

食品開発センター

松原市に今年4月新設した食品開発センター

新センターでは、食材そのものの美味しさを保存できる加熱調理殺菌システムを導入し、農産物の6次産業化を後押しする。新たに導入されたMICVAC社の「マイクロ波加熱調理殺菌システム」は日本に1台しかないもの。マイクロ波によって食材加熱調理と殺菌を同時に行い、専用容器に密封することで、ビタミンやタンパク質などの栄養素を損なわず、野菜のシャキシャキ感などの食感を保持することができる。

食品開発センター

日本に1台しかないシステム

新システム導入によって、一般的な総菜品と比較しても高い品質を持たせることができるうえ、冷蔵で45日品質を落とさず長期保存できる特徴がある。そのため、近年ひんぱんに起こる災害時に対応できる防災備蓄食品をはじめ、各地域にある農産物を加工し、土産用の特産品としての活用も視野に入れる。

また食材の長期保存ができることで、食品ロス問題への対策の期待が高まっている。

120人を収容できる研修センターや、商品の企画・開発や試食ができるキッチンなども備えている。工場見学も随時受け付けており、産地関係者や観光関係者の団体受け入れも可能だ。

食品開発センター

研修センター

食品開発センター

エントランスロビー

新設したセンターによって、同社ではこれまで以上に社会貢献や地域活性化に努めていく方針。またグループである地域活性化研究所を通じて、地域の農産物の新しい流通のカタチを支援していく構想も持っている。

(次の記事)川西修会長・川西孝彦社長に聞く(1) 農業と地域資源を守る/幸南食糧特集
(前の記事)お米の可能性を提案―独自商品群で価値創出 幸南食糧グループ/幸南食糧特集

【特集】6次産業化で地域活性に取り組む 幸南食糧グループの挑戦 記事一覧

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ