楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ビジネスで損をしない100の方法コラム

何でも人のせいにする人

19/12/18    

何かミスをしたとき。「○○さんにいいと言われた」「相手が忘れていた」「どうして先に言ってくれないんだ」と、責任逃れをする人がいます。何でも人のせいにするとその場は楽ですが、成長はありません。 自らを厳しく律する人は、自分に原因を求め、...

人の話を中途半端に聞く人

19/11/20    

真剣に人の話を聞こうとしない人は、自分のことばかり考えている人です。こうした人は、周り回って必ず損をします。 話にはいろいろあるはずです。忠告や依頼、アドバイスや相談。あなたを想って叱っている場合もあります。その言葉を真剣に受け止めず...

責任感の希薄な人

19/10/21    

責任感は、仕事や課題への取り組み方に表れます。途中であきらめる人は、行動に粘りのない人が多く、成果もあまり期待できません。当たり前のことですが責任感のない人を会社は必要としません。 本当に会社に愛着を持ち、仕事に誇りを持っていたら、責...

縁を大切にしない人

19/09/18    

自分のことしか考えない人−人を大切にしない人、自己中心的な人−は折角の縁を見逃してしまい、損をします。 人は必ず「何らかの縁」で出会っています。それなのに、折角の縁を活かせない人は世の中にたくさんいます。自分から積極的に接していかなけ...

ついつい、おごりの気持ちが出てしまう人

19/07/18    

「おごれる者久しからず」という言葉があるように、いくら優れた業績を築いても、おごれる人は感謝の気持ちを忘れ、その結果傲慢になります。 家族に、仲間に、仕事があることに、お客様に、そして生きていることに感謝しましょう。感謝の気持ちを忘れ...

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ