楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

寄港地潤すクルーズの経済効果

連休中の5月5日に大阪港の天保山客船ターミナルのオープニングセレモニーが開かれました。この式典の中で、15分ほどのクルーズに関する講演をする機会に恵まれ、クルーズの経済効果についてもお話ししました。

当日は、9万総トンの大型クルーズ客船「セレブリティ・ミレニアム」が寄港しており、天保山の岸壁周辺の海遊館、マーケットプレース、大観覧車には、同船の乗船客だけでなく、多くの市民で賑わっていました。

世界の多くの港では、クルーズ客船の着く岸壁から市街地までは距離がある場合が多くなっています。特に、クルーズ客船が大型化したことから、市街地に近い岸壁には着岸できなくなり、遠くに着くことが多くなりました。寄港地観光としては観光バスでのオプショナルツアーが一般的になっていますが、それに参加しない乗客は市街地までの移動をアクセスバスやタクシーに頼らざるを得ません。

しかし、大阪港の天保山の場合には、下船するとすぐ近くに観光スポットや商業施設があり、徒歩圏内に市街地も広がっています。さらに地下鉄の駅も近く、大阪の中心街にも公共交通機関が利用できます。この立地の良さは、経済効果に直結しています。

観光庁の観光客消費調査によれば、訪日観光客の1人1泊あたりの消費額が約2万円なのに対して、クルーズ客は約2万9千円となっているといいます。クルーズ客は、基本的に宿泊費がない日帰り観光客とみなせるので、その主な消費は、食事、買物、観光です。中国発着のクルーズ客船では、オプショナルツアーの参加者が多いですが、欧米や日本の乗客の5―8割は、個人で寄港地観光を楽しみます。中には下船せずに船内で過ごす人も少なくありませんが、こうした人も岸壁の近くに見学できる観光スポットや商業地があれば、散歩をしながら消費もしてくれます。

クルーズの乗客だけでなく、乗組員も寄港中に休み時間が取れれば上陸して楽しむ人も少なくありません。港に設置されたWi―Fiを使って家族に電話をする姿をよく見ますし、家族へのお土産を寄港地で買う乗組員も多いのです。

昨年、欧州のクルーズ客船の中で仲良くなった乗組員は、何度も日本の港に寄港して観光や家族へのお土産を買ったと楽しそうに語ってくれました…

(池田良穂=大阪府立大学名誉教授・客員教授)

(トラベルニュースat 2024年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ