楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

リニューアルとは 従業員への投資も重要

このところ、飲食店でのSNSによるいたずら被害、老舗旅館でのレジオネラ菌問題など公共の場で、さまざまなニュースが出ていますね。働く現場側、お越しいただくお客様側、双方の協力があってこそ憩いの場なのですが、それぞれの適切な対応ができていなければ問題が起こってきます。

現在、私の旅館でもリニューアルオープンに向けて大詰めを迎えているのですが、これもまた「働く現場側」とお越しいただく「お客様」双方の立場で物事を見ていかなければなりません。

普段現場に来ないオーナーだけの意見で動いていては、ネットや雑誌で見ただけの理想を形にしてしまいがちです。

実際現場では毎日いろいろな問題が起こり、それに合わせて従業員が対応しています。初めに対処していれば防ぐことのできる事案も多々あります。何よりも現場を知っている従業員に聞いてこそ、良いものができるのだなと感じます。

また「リニューアル」というと、建物への投資と捉えてしまいますが、人への投資も重要です。従業員は勤続年数も違えば、スキルの差もあるでしょう。性格もバラバラですが、従業員一人ひとりを育て上げることはその部署のトップの務めですし、その現場のトップ、支配人やマネージャーの務めなのです。

人手不足が続く中、猫の手も借りたい現場も多いでしょう。人を減らす選択は難しいと思いますが、その人のスキルを見極め、それに値する部署を与えていくのも必要です。

また、現場を円滑に進めようと努力する者には、それに見合った対価を支払っていくことも必要です。仕事のやりがいは必要ですが、もちろんお給料あってのことです…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2023年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ