楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

シンガポール発着クルーズ いち早く旅が日常化する海外

ようやく日本からの国際クルーズが3月から再開します。

国の指導の下、クルーズ業界団体および港湾団体がガイドラインを作成して、それに基づいて感染対策をたてた上での安心した受け入れで、世界一周途上の客船「アマデア」(元飛鳥)が3月1日に清水港に帰港するのを皮切りに、プリンセスの「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜発着の日本一周クルーズを開始し、今年は32回の日本発着クルーズを計画しています。

また、HISとジャパネットは「MSCベリッシマ」を全船チャーターしてのクルーズを何度も行いますし、キュナードの「クイーンエリザベス」、シルバーシーの「シルバーウィスパー」、コスタの「コスタセレーナ」も日本発着クルーズを積極的に販売しています。

シンガポール発着の、昨年年末から新年にかけてのマレーシア・タイへの4泊ショートクルーズを、ロイヤル・カリビアン社の日本総代理店のミキツーリストが募集していたので、コロナ禍で3年近く行けなかった海外旅行の第1弾として体験してみました。

日本、シンガポール、マレーシア、タイの出入国がありますので、出入国審査、PCR検査やワクチン接種証明など、出かける前にいろいろ心配はしましたが、実際にはワクチン接種証明が求められただけで、それ以外はコロナ禍前とまったく変わらず、いずれもとてもスムーズに通過することができました。

シンガポールの街は、マスクをしている人も少なく、物価が日本よりかなり高いこと以外はかつての日常が戻っていました。

ここから乗船したのは、17万総トンの大型客船「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」で、シンガポール発着の比較的短いクルーズを実施しています…

(池田良穂=大阪府立大学名誉教授・客員教授)

(トラベルニュースat 2023年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ