楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観客力一本勝負コラム

「陳浩基さん公開対談」 ミステリの若武者、ミステリを語る

18/04/02    

今月はベストセラー作家、陳浩基さんを取り上げよう。お読みになった方も多いかと思うが、香港を舞台にした警察小説『13・67』で、昨年の週刊文春ベストミステリで第1位(翻訳部門)、本格推理大賞でも第1位に輝いたもの。傑作である。 物語の舞...

「平成細雪」 四姉妹の描かれ方は?

18/03/07    

今回は谷崎潤一郎の世界を現代に蘇らせるという大胆な試みに挑戦したNHK―BSのドラマ『平成細雪』だ。 戦争の足音が微音から少しうるさく聞こえはじめた昭和10年代の兵庫・芦屋と大阪・船場。そこに生きる旧家蒔岡家の四姉妹のたたずまいを描い...

沢田研二50周年記念LIVE

18/02/02    

ジュリーこと沢田研二のことは、何度かこのコラムでも取り上げている。最近では勝新太郎の当たり役、朝吉親分の続編ミュージカルの『大悪名』を扱った。 沢田研二さんは今68歳、もうすぐ69になろうというところで、僕とまったくの同学年だ。昭和4...

ジリオラ・チンクェッティのリサイタル

18/01/12    

ジリオラ・チンクエッティといっても、もはや知っているのは還暦をこえた団塊の世代だけということになろうか。 遠く1964年、オリンピックイヤーにイタリアから「夢みる想い」というカンツォーネが日本に届き、大ヒットになった。カンツォーネとい...

「第三の男」で有名な大観覧車

17/12/04    

10月初めにウィーンに1週間ほど行ってきた。 趣味のミステリ関係の集まりに出席してきたのだが、何といってもお楽しみは映画「第三の男」のシネマツーリズム。僕にとってのウィーンは永遠に共同墓地(ラストシーン)と地下水道、そして何といっても...

江戸川乱歩原作のお芝居

17/11/02    

僕のようにサブカルチャー的演劇もなるべく見に行こうという人を集合Aとする。 また江戸川乱歩の世界をこよなく愛する人が集合B。 それで、二つの集合がダブるAかつBの部分、ここに身を置くものには、やや辛いのがこの1、2年のこと。なに...

ミステリーナイト「人気作家連続失踪事件」

17/10/06    

ホテルにチェックインして夕食後、シアター形式になっている大宴会場に集合。そこで殺人がからむドラマを見る。でも、解決編はなし。 観劇後、ホテルのあちらこちらに仕掛けられたヒントボードを探したり、お部屋に隠されている秘密文書を探して、その...

ジャンヌ・モローさんを悼む

17/09/07    

この7月31日、フランスの名女優、ジャンヌ・モローさんが亡くなった。とても、モローなんて呼び捨てにできない。僕の青春にぐさりと突き刺さった女優さんだからだ。 彼女の思い出の名画となれば、いささか当たり前にすぎるが、『突然炎のごとく』と...

音楽劇「大悪名」

17/08/23    

ジュリー様は不滅。 太って往年のカッコよさは減っているし、憲法9条問題で当局からにらまれて、勲章類などあきらめさせられていても(本人談)、沢田研二の人気は大したものだ。 そんなジュリーがコンサートは別にして、最後のお芝居と銘うっ...

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ