楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

障害の「社会モデル」−聞こえない−(2)

前回は、聴覚障害者が宿泊施設を利用する際の困りごとを考えてみました。

宿泊施設を利用する際に、「聞こえないので、フロントスタッフの説明が理解できない」。この「○○できない」ことの原因を「聞こえない」という心身機能に障害があるとする考え方を「医学モデル」といい、スタッフの説明が分からないのは、情報提供が音声による提供だけであったことに原因があり、施設利用者全員が「聞こえる」ことを前提にした対話の準備しかされていないことに問題があります。これを「障害の社会モデル」といいます。

今回は、宿泊中に緊急事態が発生!聴覚障害者に緊急情報を周知していただくために事業者としてとるべき責任は何か?を考えます。

まず考えていただきたいことは、宿泊施設を利用するのはどんな方?という想像からです。実に多様ですね。

ダイバーシティと捉えるべきでしょうか。老若男女、障害の有無も含め人間には個性や特性があります。聴覚障害といっても聞こえ方は様々です…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2019年10月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ