楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍における多様性

まだ新型コロナウイルスとは縁が切れず、7月に入り、じわじわと感染者数が増えています。本格的な第2波到来に不安を隠せません。

コロナという言葉も様々に表現されています。before、afterのコロナにコロナ禍、コロナ期、そして並行して「当たり前の生活」ではないでしょうか。言葉までが多様となっています。これまでの当たり前の生活が何であったのでしょうか。

体調が悪ければ無理して学校や会社に行かずに自宅療養をとか、満員電車に乗らない、働き方について考えるべきだとか、職場環境や学びかたまでが多様となってきました。あまりにも便利に使われる「多様性」にいささか疑念も感じますが、意識改革と社会インフラに対する課題はコロナ禍において明確になってきました。

厚生労働省からは「新たな日常様式」の実践事例が出されました。「手洗い、咳エチケット等の感染対策」「『3つの密』の回避」「人との接触を8割減らす10のポイント」など。ダウンロードできるので、お客様の目に触れる場所に掲示しては見たものの、どれもこれまで当たり前に行ってきた日本人が行ってきたマナーではないでしょうか。だからこそ他国に比べて、感染爆発することが日本においては抑えられています…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2020年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ