楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光業界再編キックオフ

3年ぶりの緊急事態宣言なしでのゴールデンウウイークが終わった。全国各地での賑わい、高速道路の渋滞、陸海空運輸機関の稼働率上昇などを見るにつけ、日本国内のコロナ禍もようやく終わりに差し掛かっていると感じる。

海外ではすでにウィズコロナ時代に入っている。極端に言えば、世界でコロナ鎖国しているのは中国と日本くらいである。

ゴールデンウイーク期間中には多くの永田町の先生方も海外視察を行い、海外のコロナ対応、特に観光分野での各国の状況を知ってもらえたのではないかと思う。

岸田首相も各国を積極的に歴訪し、海外と日本の違いを実感されたのではなかろうか。

そういったこともあり、歴訪中に水際対策の緩和、条件付き観光旅行(インバウンド)の段階的実施へと判断されたのではないかと推察する。残るは、全面的にインバウンド開国するには2類を5類へと変更するかどうかという課題がある。変更しなくとも開国できるようにも思うがやはり大きな課題であり、どう判断するかがポイントだ。

インバウンド開国までは、せめて国内観光需要刺激策であるGoTo トラベルの早期再開をお願いしたい。細かい議論で時間を浪費するくらいなら、前回の微修正でも構わないので少しでも早いタイミングでの実施が望まれる。その際には可能な限り関係業界に対して早く通達していただき、少しでも準備の時間を頂戴したいのは言うまでもない。

雇用調整助成金も期限があり、コロナ融資も返済が始まる。観光業界は待ったなしの状態になっている。

ここで今一度冷静に検討すべきは…

(百戦錬磨・観光創生班)

(トラベルニュースat 2022年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ