楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

座りずくめの疲れを癒す法

筋トレだけでよいのか? ストレッチも大事です。なぜなら、筋トレは筋肉を増やし力が出るようになりますが、硬くなってしまうからです。硬くなることは老化です。赤ちゃんの筋肉は柔らかい。だから生命力が旺盛なのです。大人になってからも筋力と柔らかさが必要です。

◎リサイクルするからだ

からだが硬くなれば毛細血管の血流力が弱体化します。しかし私たちのからだは、すばらしいメカニズムを備えています。これが、ノーベル賞を受賞した大隅良則・東京工業大学名誉教授が解明した世界初めての「オートファジー」の考え方です。オートファジーとはギリシャ語で、直訳すれば「自分を食べる」という意味。古くなった細胞を自分で壊し、新しい細胞につくりかえるというリサイクルシステムの一環です。これが老化予防と若返りに不可欠なシステムです。

◎筋肉を柔らかくほぐす

ところで運転や旅行などで、座りずくめによる疲れを癒す対策を考えておくことは極めて重要なことです。じっとしている姿勢を長く続けていると、筋は硬くなるので筋中の毛細血管の血流が悪くなり、酸素や栄養素、ホルモンなどを組織や細胞に十分送り届けることができなくなり、結果的に機能が低下してしまいます。

これを予防するには筋肉を柔らかくほぐしてやることです。入浴で筋肉を温め、筋や腱の緊張をほぐすストレッチが有効です…

(大山良徳=大阪大学名誉教授医学博士)

(トラベルニュースat 2021年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ