楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

道路運送法の運用改善 旅行会社主体で地域観光交通マネジメントを

ドライバー不足に起因する貸切バスやタクシーを手配できないという悲痛な声を旅行会社の方からよく耳にします。当コラムのVol.250(3月25日号)で取り上げた「道路運送法における許可又は登録を要しない運送に関するガイドラインついて(国自旅第359号)」を覚えておられるでしょうか? 日本版ライドシェアが本格的に解禁される前に国土交通省から3月1日付けで通達されたものです。令和5年末に自家用有償旅客運送制度の運用改善が実施されましたが、今回の通達により無償と有償の運送に関わるガイドラインが明確に整理されました。

当コラムでは、特に観光関連事業者にとっては日本版ライドシェアよりも活用範囲が広まった画期的な規制緩和になったことをお知らせしました。すでにこの通達内容に合わせた事業を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

主に注目されているのは「宿泊施設の利用に付随する送迎」と「ツアー&ガイドに付随する送迎」です。宿泊施設の送迎バスがお客様の輸送途中にお土産屋を含む複数施設への立ち寄りや観光スポットへの直接送迎が可能となり、ツアー等のサービス提供者による参加者の送迎や通訳案内士等の公的資格を有する観光ガイドによる参加者の運送も可能になっています。今回の規制緩和を最大限に活用することができれば、地方が主体となった観光交通マネジメントも考えられます。

ほかにも…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2024年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ