楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ヨーロッパにみるヒント

フランス人の94年夏(猛暑)における国内バカンスの過ごし方は「何もしない」「名所旧跡等の観光」「展示会、催し物見学」「ハイキング等」「水上スポーツ」「その他のスポーツ」「魚釣り」「ガストロノミー(グルメ)」「テーマパーク」「その他(庭いじり、日曜大工、買物)」のうち、「何もしない」42%、「その他」23%が、前年比増加率とともに上位2位で3分の2を占める。前年比減少率最大は「ガストロノミー」が抜群の13%で、健康・美容への関心の高まりから、地方での「重い料理」が敬遠される傾向が強まっていると解説されている。

「バカンスで利用した宿泊施設」は「家族、親戚、知人宅」が全体の40%を占め、2位「別荘、セカンドハウス」20%、以下オートキャンプ場、賃貸アパートまでで84%を占め、ホテル6%、クラブ・バカンス村4%などの利用は、ごく少ない。

なおフランス人の国内宿泊旅行総数は、延べ1億260万泊、平均6・2泊。

94年に訪問したギリシャ政府観光局の最終目的は「ギリシャ全体の観光地化」である。そのために「歴史的・文化的にみて価値があるが廃屋となっている個人所有の民族建築物の修復、保全活用」が大きな仕事であり、全国で百数十件の修復・改造によってホテル、レストラン、病院・診療所などとし、あるいは原型のまま修復して博物館として活用している。できるだけ観光客の少ない地方に重点的に投資して、家主から10年契約で観光局が賃借して家賃を払い、10年後に返却するシステムで、その間は観光局が直営する。家主にはありがたいシステムで、観光局がその資金負担できるのは、直営カジノの収益が大きいためと推測される。カジノの収益は公表されないが…

(佐藤陸雄=元リーコ代表取締役)

(トラベルニュースat 2023年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ