楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

防災拠点としての住宅宿泊 「シームレス民泊」を導入する

住宅宿泊管理業の実務講習が盛況だ。

空き家を宿泊施設としてオーナー自身が運営しない場合、運営代行を委託する先は宅建業の資格を持つ不動産業者に限られていた。さらに、地方の中核都市くらいまでは運営代行を委託する不動産事業者もいるにはいるが、郊外に行けば行くほど委託先はわずかとなっていた。

そこで、本年度からは国土交通省指定の実務講習を受け、修了さえすれば宅建業者でなくても住宅宿泊管理業が行えるようになった。

そうして始まった実務講習だが、事前広告なしにも関わらず、設定した席数すべてが募集当日に満席となっている。事務局の農協観光協会もすぐ追加設定をしているが追加分も満席だ。この研修を国土交通省に働きかけ、規制改革会議でも推進する立場で発言してきた私にとっては感極まるところだ。

899万戸となる空き家をどう利活用するのか、今まで同様に宿泊施設として活用するは大前提であり、講習受講者には既存のホテルや旅館関係者も受講しているようだ。これは、自身の宿機能にプラスして長期宿泊滞在者向けの「住宅」という「離れ」を提供するものであり、新たなターゲットに向けた新規事業である。

そこを見据えた受講者がいることを想定はしていたが、実際に動き出したところを見ると今後の地方の空き家利活用に光明が差したと感じる。

そして、空き家利活用での住宅宿泊をベースにさらなる機能を持たせたい。

それは「防災」である。

常日ごろは宿泊施設として運営し、災害発生時には「避難所」とし、その後は「被災者住宅」としても活用する…

(百戦錬磨・上山康博)

(トラベルニュースat 2024年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ