楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

熊野本宮大社創建2050年で特別参拝 地元宿泊の団体に

18/04/27

和歌山県田辺市の世界遺産・熊野本宮大社が今年「御創建二千五十年」を迎えた。現在、記念事業として特別参拝が行われている。

特別参拝は、鈴門の内側(瑞垣内)で4―6月、9―12月の期間に行われる。

熊野本宮大社

荘厳な雰囲気が漂う熊野本宮大社

熊野本宮温泉郷に1泊以上する団体ツアーが対象。事前に企画書を提出し、熊野本宮大社と熊野本宮観光協会が日程などの調整を行い、催行を決定する。

団体の最低人数は10人。所要時間は20人で約15分。初穂料は20人まで一律1万円(21人以降1人500円追加)。

また、熊野本宮大社では御創建二千五十年を記念して県指定重要文化の「熊野本宮八葉曼荼羅」「神額」「熊野本宮大社社蔵能面」、国指定重要文化財「鉄湯釜」などの特別拝観も実施している。期間は12月31日まで。

熊野本宮観光協会では「ぜひ熊野本宮温泉郷の宿泊施設にお泊まりいただき、貴重な特別参拝と特別拝観を体験していただきたい」と話している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ