楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

リアル○刀流に活路 紙面から選ぶ2021年観光番付(5) “サブスク”で観光消費喚起

役員も“変わる” 業界変革の一年に

 今年は業界団体の役員改選期でもあった。紙面では、全旅連青年部の新旧2人の部長が弊社に来てくれて対談記事を掲載した。2人とも行動力があり、話を聞いていて頼もしく思った。

 旅行業団体も一部で役員が入れ替わった。JATAは会長の坂巻さんが急逝し、菊間さんが引き継いだが…。

 弊紙で長年にわたりコラムを執筆いただき旅館ホテル業界をはじめ指南いただいた松坂健さんも鬼籍に入られてしまった。寝耳に水とはこのことかと心底思った。

 西の前頭筆頭を「リベンジ旅行」としてけれど、その消費を促す仕掛けとしてサブスクリプションという消費(販売)形態が観光業界にも現れた。ピーチアビエーションは11月の1カ月間全線乗り放題のサブスクプランを1万9800円からの料金で販売した。こちらは販売枚数が120枚と少なかったことから、宣伝効果を重視した取り組みだったのかもしれない。

 スマホでは当たり前のサブスクだが、顧客を囲い込む戦略として観光業界も席巻しそう。

 最後は弊社がらみの話題で。下の番付、和装の旅、多士済々の来社はまさにそう。9月10日号は極地探検家、eスポーツ団体の代表を紹介し編集しながら、なんの業界紙だと思った。うちなりの○刀流だね。

(トラベルニュースat 21年12月10日号)

(前の記事)リアル○刀流に活路 紙面から選ぶ2021年観光番付(4) 完敗の「おもてなし」五輪

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ