楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

小笠原諸島、返還50周年記念で「絵具」PJ/東京

18/05/23

今年6月26日に日本返還50周年を迎える小笠原諸島(東京都)。返還50周年を記念し、島民が選んだ小笠原の色を絵具にした「OGASAWARA50COLORS」をウェブサイトで、2タイプ250セット限定(1万2500円と2万円)で販売している。海や海岸、星空などの自然景観やクジラやオカヤドカリ、コウモリといった生物、特産の果物や花など小笠原の宝を50の色彩と色名で表現している。

東京から南に約1000キロの太平洋上、父島、母島など30ほどの島からなる小笠原諸島。第二次大戦後の米国施政権下から日本に返還されたのは1968年。人口は2600人で、絵具プロジェクトには100人以上の島民が参加した。

2011年には日本で4番目となる世界自然遺産に登録され、訪れる観光客も急増した。

現在、東京港と父島には16年に新造された「おがさわら丸」が3日から6日に1便運航している。所要時間は約24時間で、年間の来島者は約3万人。

6月30日に父島で返還50周年記念式典と祝賀パレードが行われる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ