楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

外出自粛も自宅で癒しと旅への思いを 長野県観光機構「#おうちでながの」、SNSで信州の魅力発信

20/04/12

新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が出ている今、とにかく自宅で過ごすことが求められている。もちろん、旅行に出かけることもなかなか厳しい。そんな状況下でも旅への思いを募らせ、あらためて「旅っていいな」と感じてもらい、コロナ終息後に元気に出かけてもらおう。長野県観光機構が立ち上げた「#おうちでながの」はそんな思いに寄り添うプロジェクトだ。

外出自粛が叫ばれる中、プロスポーツ選手は自宅でできるトレーニングを、ミュージシャンは自宅で演奏した音楽をそれぞれ動画で配信するなど、自宅での生活をより明るいものにしようと発信を続けている。

「#おうちでながの」もそれと同様の意義を持つ。フェイスブックやツイッターに「#おうちでながの」を記し、信州の山々や花といった自然、寺院や観光スポットなど地元の魅力を伝える画像を発信してもらおうというプロジェクト。県内の観光関係者や県民に参画を呼びかけ、画像を見たユーザーに癒しと信州の旅の魅力を感じてもらう。自宅で楽しめる動画の制作、配信も視野に入れている。

“おうちで過ごす時間を少しでもハッピーに”、そして“長野の魅力を感じて”。そんな思いを込めてプロジェクトの周知を図っている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ