楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

エントランスを一新 松江フォーゲルパーク/島根

19/02/27

今年開園18年目を迎えた花と鳥のテーマパーク、松江フォーゲルパーク(島根県松江市)のエントランスホールが2月16日にリニューアルオープン。フクロウ展示室5部屋を併設している。

年間を通じて90種以上の鳥たちと1万株以上の花が咲き誇る園内にあって、人気を集めているのが18年春に新設された「フクロウハウス」。ガラス越しではなく、同じ空間で間近でフクロウを見られるだけでなく、フクロウの手乗せ体験もできる。「Owl Street」(フクロウ通り)には7つの展示室があり、珍しいフクロウを展示している。

松江フォーゲルパーク

ホールのイメージ図

同園は、4つの展示室と展望台が屋根付きの歩廊で連結された全天候型が特徴。悪天時でも滞在に支障がなく、ツアーに組み込みやすい。団体予約ができる食事会場も2カ所ある。そのうち、満開の花の下で食事ができる「フローラ」の昼食バイキングは土日祝の限定メニューながら、30人以上の団体は平日でも受け付ける。

訪日旅行者も増え、年間の入場者17万人のうち約1割を占める。韓国、台湾、香港を中心に積極的にセールス、受け入れを行い、香港からはレンタカー利用の個人客の増加が目立っている。

アトラクションのペンギンパレードやペンギンショー、夜間営業も人気だ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ