楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「関西文化の日」参加施設を募集

19/06/10

関西一円の文化ミュージアムに無料で入館できる「関西文化の日」に参加する施設を現在募集している。今年は従来の11月に加え、国際博物館会議(ICOM)京都大会やラグビーワールドカップ2019の開催に合わせて9月にも設定する。

関西文化の日は、関西広域連合、関西観光本部、関西元気文化圏協議会の主催。今年で17回目を迎える恒例行事で、18年は関西2府8県4政令市の655施設が参加し11月17―18日を中心にした期間中52万人が来訪した。

今年は9月を「関西文化の日プラス」として期間を広げて展開する。

参加対象施設は、近畿2府4県に福井県、三重県、鳥取県、徳島県内で営業する美術館、博物館、資料館などの文化施設。原則として関西文化の日は常設展の入館料を無料(通年に渡って入館無料の施設も参加可)にすることが条件になっている。参加メリットはポスター、チラシを制作し広く配布するほか、ホームページ「関西文化ドットコム」で参加施設の情報を告知する。

参加申し込みは、9月の「関西文化の日プラス」が6月30日まで、11月の「第17回関西文化の日」が8月31日まで受け付ける。

詳細は、関西文化の日事務局 電話06―4964―8844。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ