楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

着地型旅行100プラン 九州観光推進機構、「TRY九州」でプラットフォーム構築

19/06/14

九州観光推進機構は5月24日、大阪市淀川区のホテルマイステイズ新大阪で2019年度下期九州観光素材説明会・相談会を開いた。4月での東京開催(本紙5月10日号で既報)に続いての開催で、関西から九州来訪を呼びかけた。

同機構の緒方保宜・事業本部副本部長は、「GWは九州全体の観光入込は好調だったが、2018年の宿泊者数過去最高はインバウンドに支えらえたもの。やはり国内、なかでも東名阪からの集客が生命線になる。今年は大河ドラマ『いだてん』やW杯ラグビーもあるほか、キャンペーンも展開する。ぜひ商品造成、送客をお願いしたい」と、出席した旅行会社に呼びかけた。

九州観光素材説明会

旅行会社を対象にしたキャンペーン
「TRY九州2019」をアピール

主に旅行会社を対象にした新たな観光キャンペーン「TRY九州2019」について説明。4月19日に始まり、20年3月31日まで実施するもので、7県の観光事業者や観光機関が着地型旅行プランを19年度は合計で100プランつくり、旅行会社に提供する。手配、在庫管理、精算業務などを一括管理するプラットフォームも用意し、旅行会社がエンドユーザーに販売しやすい環境を提供する。

九州7県からは担当者が、各県の観光トピックスと「TRY九州」設定プランなどについて紹介した。

各県からは、福岡県は北九州市の夜景や小倉城下町の魅力、佐賀県は唐津焼の魅力や鹿島の蔵めぐりタクシープラン、長崎県は産業革命と潜伏キリシタンという2つの世界遺産と五島列島の「しま旅」を紹介。熊本県は温泉をフィーチャーした「湯美人」やあか牛をはじめとするグルメ、大分県も温泉と食と、九州の2大温泉県は「湯」を中心にアピール。宮崎県は焼酎を楽しむタクシープランやパワースポットめぐり、鹿児島県は「西郷どん」関連の歴史観光や指宿温泉での癒しの体験などを取り上げた。

また、九州各県の11の雛祭りをまとめた「ひなの国九州」も紹介した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ