楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大邱観光広報など 2泊3日のモニターツアー募集

19/09/04

大邱観光広報事務所とティーウェイ航空(TW)は10月18日から20日にかけて、2泊3日のモニターツアーを実施する。韓国第3の都市である大邱の魅力をソーシャルメディアで拡散することがねらいで、特に大邱のテーマパーク「E-World」で開催されるハロウィンイベントを体験してもらい、ハロウィンが年々盛り上がりを見せている日本市場にアピールする。

参加者の対象は、ソーシャルメディアで「ある程度」のフォロワーを持ち、定期的に更新しているインフルエンサーの個人や、旅行会社およびその社員。一般向けのモニターツアーにも関わらず、業界人の積極的な参加を呼びかけていることが珍しいが、TWによれば「旅行会社やその社員が多くのフォロワーを持つケースは珍しくない」ことから拡散が期待できるといい、発信元が旅行会社の公式アカウントか、社員の個人的なアカウントかについてもこだわらないという。

メインターゲットは成田から出発できる20代の女性で、「少なくとも10名程度」の参加を想定。出発空港は基本的に成田とするが、TWが大邱線を運航している関空と福岡からの参加も可能とし、申込者多数の場合はフォロワー数などを勘案して選考するという。ソーシャルメディア用の記事には、大邱市とTWのクレジットを記載することなどを参加の条件とする。

現地での行動は自由で、韓国での宿泊とバスによる市内観光、E-Worldの入場料は大邱市が負担。約9000円の空港諸税や、韓国滞在中の食費などは自己負担となる。

TWによれば、今回のモニターツアーは先月に入り企画したもの。しかし日韓関係の悪化による訪問者減への対応というよりは、ソウルや釜山などのようにパッケージ商品を造成することが難しい大邱が、より多くのFITを獲得するための意味合いが強いという。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ