楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

みかんとお笑いがコラボ 道の駅いずみ山愛の里で味覚祭/大阪

19/11/26

大阪府和泉市の道の駅いずみ山愛の里で12月7—8日の2日間、「味覚祭みかんまつり」が開かれる。和泉市の特産みかんが特売されるほか、キッチンカーによるグルメコーナー、フリーマーケットも行われる。

和泉市のみかんは、先日皇居で行われた大嘗宮の儀で、大阪府からの特産品として積帳殿の机上に供えられたほど。古くから「横山みかん」として知られていた。

味覚祭みかんまつり

和泉市の特産を特売

まつりでは、特に8日に「よしもと芸術文化祭イン和泉」も開催。吉本興業所属の芸人たちによる折り紙教室や工作教室、ワークショップなど子ども向けプログラムを展開する。野菜芸人の土肥ポン太さんもみかんをアピールする。いずみ山愛漫才ライブや、一般市民が自らの芸を披露するいずみ山愛の里素人名人会も行われる。

土肥ポン太さん

土肥ポン太さん

駅長の森政信彦さんは「道の駅活性化のためにシーズンごとに味覚祭をやっています。12月は関西でも屈指の生産を誇る和泉みかんにスポットを当てます」と、来場を呼びかけている。

道の駅いずみ山愛の里

道の駅いずみ山愛の里

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ