楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「かまくら」に長蛇の列 秋田横手、「大阪空港雪まつり」に1万5千人が来場

20/01/26

大阪伊丹空港の冬の恒例行事「大阪国際空港雪まつり」が1月18日と19日に開かれた。秋田県横手市が4年前から開催しているもので、大阪モノレール大阪空港駅に「かまくら」や雪遊び広場が出現。今年も1万5千人を超える来場者を集めた。

雪まつりは、北国の魅力を大阪の人たちに知ってもらおうと実施。今年は会場を拡大し、名物の「いものこ汁」や「きりたんぽ」など秋田県の特産品を実演販売するブースや、男鹿市から参加した「なまはげ」が太鼓を披露するステージなども設けられた。

例年にない雪不足のため人工雪でつくったかまくらは例年より青みを帯びて幻想的。かまくら前では記念撮影しようと家族連れが終日列を作っていた。

大阪空港雪まつり

雪不足の影響で人工雪でつくられた「かまくら」

関西エアポートやJAL、ANAも出展し、東北への空の旅をアピール。横手市の高橋大市長と男鹿市の菅原広二市長が来場し、秋田県への来訪を呼びかけていた。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ