楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

立山黒部アルペンルート 6月19日から営業を再開

20/06/18

立山黒部アルペンルートが6月19日から営業を再開する。

富山県立山町の立山駅と、長野県大町市の扇沢駅を結ぶ全長37キロ、最高地点2450メートルの山岳観光ルートは、途中に美女平、弥陀ヶ原、室堂、大観峰、黒部ダムと見どころが連なる。室堂周辺の道路には、まだ10メートルを超える積雪がある。

6月17日、天狗平周辺から室堂方面を望む(立山黒部貫光提供)

全線を踏破しようとすれば、利用する乗物もケーブルカー、高原バス、トロリーバス、ロープウェイ、電気バスとバラエティに富んでいるのも魅力のひとつ。

アルペンルートの富山県側を運行する立山黒部貫光(富山市)では、6月19-10月31日の期間、立山駅-黒部湖往復料金をほぼ半額にする、富山県民限定乗車券を予約制で販売している。通常大人1万1540円、子ども5770円が、それぞれ6000円、3000円で購入できる。

電話で前日正午までに予約し、立山駅の専用窓口で身分証などを提示して購入する。

室堂ターミナルではレストラン立山と売店が6月19日から営業を再開する。宿泊営業は、ホテル立山が7月1日から、みくりが池温泉は7月3日から再開する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ