楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

八坂神社本殿が国宝に、重文に明治神宮など18の建造物

20/10/27

国の文化審議会は10月16日、八坂神社本殿(京都市)を国宝に、明治神宮(東京都渋谷区)など18の建造物を重要文化財に指定するよう文部科学大臣に答申した。これにより国宝・重要文化財(建造物)は2523件になった。

新たに国宝に加わった八坂神社は疫病退散を祈願する祇園信仰の総本社で平安時代に建立されたとされる。現在の本殿は1654年に再建された。

明治神宮は本殿、内拝殿など36棟の建築群が重要文化財となった。1920年の創建から今年で100年を迎えた。1945年に空襲で本殿などが消失したが、1958年に再建された。

明治神宮

そのほか重要文化財に指定されたのは犬吠埼灯台(千葉県銚子市)、旧中村家住宅(長野県塩尻市奈良井)、八勝館(名古屋市)など。

また、重要伝統的建造物群保存地区に、新たに高岡市吉久伝統的建造物群保存地区(富山県高岡市)、津山市城西地区(岡山県津山市)、矢掛町矢掛宿地区の3地区が選定された。全国で123地区となった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ