楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

道頓堀のナイトパーク化へ「とんぼり夜市」 JTBや地元商店会らが11月20日から開催/大阪

20/11/06

JTBや大阪観光局、道頓堀商店会など官民でつくる道頓堀ナイトカルチャー創造協議会は11月20日から毎週金土曜、大阪市中央区・道頓堀川沿いのとんぼりリバーウォークに屋台が集う「道頓堀ナイトマルシェ『とんぼり夜市』」を開催する。道頓堀の夜観光の新コンテンツとして、国内外からの観光客で賑わう「道頓堀のナイトパーク化」実現へつなげる。

道頓堀の夜観光の活性化は、JTBと道頓堀商店会が2017年にエリアマネジメント連携協定を締結したことを皮切りに、19年11月には官民10団体で同協議会で設立、さまざまな取り組みを進めてきた。

今回の「とんぼり夜市」は、同協議会が観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業の採択を受けて企画。大阪の食や日本各地の物産品、ポップカルチャーなどを多彩な屋台約20店が並ぶ。夜市の本場、台湾に関するブース、台南市による台湾ランタンも登場する。

また、同時期に開催される御堂筋と中之島の光のイベント「大阪・光の響宴」とも連動しての開催で、大阪市内回遊と夜の賑わい創出を図る。今後は、今回のイベントを発展させ、2025年の大阪・関西万博へ向け道頓堀のナイトパーク化を推し進める。

期間は12月26日まで。時間は16―22時。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ