楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ニューノーマル時代の新しい旅へ 小豆島とのしょう観光協会、来年開催のフライベント前に実証事業/香川

20/11/24

香川県土庄町の小豆島とのしょう観光協会は11月28―29日、2021年に開催を予定するフラダンスイベント「とのしょうフラフェスティバル」のプレイベントを実施する。コロナ禍での安全性の検証とプロモーション設営を兼ねており、ニューノーマル時代での新しい小豆島観光のコンテンツとして磨きをかけていく。

プレイベントは「フラであつまれ! 瀬戸内海に浮かぶ小豆島・とのしょう プロモーション撮影」。観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成に向けた実証調査」事業として行う。コロナ禍で打撃を受けた地元観光業、地域経済の回復に向け、ニューノーマル時代の新しい観光施策として、華やかなフラに着目しフェスティバルを企画。今回の実証事業で、次年度以降も継続できるイベントとして発展させるために検証していく。

プレイベントでは、宝生院の真柏やエンジェルロードなど同町内にある屋外のフォトジェニックなスポット8カ所を会場としてフラのプロモーション撮影を行うほか、オンライン配信やSNSを使った情報発信を通して安全性を検証する。リゾートホテルオリビアン小豆島ではハワイアンカルチャーと同町の魅力を生かしたワークショップやコンサートも開く。

参加者は周遊バスで各スポットを回ることができ、観光と体験、体験の発信が可能に。これを同町の新しい旅の形として提示することを検討していくという。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ